2008年02月06日

軟骨の病

激しい運動の時、しゃがんだ時、股関節に痛みを感じることはありませんか?
股関節の骨と骨の間にある軟骨が、なんらかの原因によってすり減る事を「変形性股関節症」といいます。

股関節は骨盤と太ももの骨をつないでおり、大腿骨頭が骨盤側の窪み部分に包み込まれるようにはまるように構成されています。
骨同士の衝突を避ける為、臼蓋と大腿骨頭は関節軟骨で覆われています。
その表面は関節が円滑に動くよう滑らかにできており、股関節を守るクッションの役割を果たしています。

股関節痛の原因は、関節軟骨から剥がれた破片が内部に浮遊する事によって、各組織を刺激した時の炎症です。
大半は子供の頃に変形性股関節症の発症のサインが出ているのですが、気がつかず放置され重症になる事も少なくありません。

変形性股関節症は発症すると悪化していく病です。
症状が現れたら早めに治療を受けましょう。
posted by 変形性股関節症という病気 at 00:00| 足の病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。